山形大学鉄道経営研究会

解説

 群馬の高校で架空鉄道サークル「OKET刊行会」に参加していた遠坂 拓氏が、大学進学後鉄道研究会のメンバーのうち、架空鉄道に興味があるメンバー達と立ちあげた架空鉄道サークルが、「山形大学鉄道経営研究会」である。

 1995年に遠坂氏の「遠坂鉄道」の他「あんそく鉄道」・「信州ふれあい鉄道」・「TAKO電鉄」・「東北旅客鉄道」・「新潟旅客鉄道」の6架空鉄道が集まって結成され、後に「山鶴ほのぼの鉄道」と「新東海鉄道」の2架空鉄道が加わったが、前者は事情により脱退し、最終的には7つの架空鉄道により形成された。

 「OKET刊行会」同様同人誌の刊行が活動の中心で、「AntiE(アンチ・イー)」と言う機関誌を定期的に発行していた。

 遠坂氏が大学を卒業した後は、同氏を通じてOKET刊行会と融合し、1998年に会員制架空鉄道コミュニティサイト「VRS」となった。
 (VRSはその後2000年3月に非会員制サイトにリニューアル)

関連ページ

 遠坂鉄道について
 http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/6301/about.htm

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-08 (金) 00:13:00 (2694d)