架空鉄道株式会社(掲示板)

解説

 日本架空鉄道協会やVRSが架空鉄道コミュニティサイトとして賑わっていた2001年初め頃に、それらとは全く関係がない所で架空鉄道向けの掲示板が開設された。

 携帯電話の着信メロディ用に鉄道関係のメロディ(発車メロディなど)を提供していたサイト「鉄携隊」においては、当時サイトのコミュニティに集まった有志が個別に「PoTeTo?掲示板」(2005年にサービス終了)にて各種掲示板を開設していて、それらの掲示板へのリンク集が「鉄携隊」にも存在していた。

 そうした「鉄携隊」ユーザー系のPoTeTo?掲示板群の一つとして開設されたのが、「架空鉄道株式会社」掲示板である。

 サイトの機能としては上記の通りスレッド型掲示板一つしか無く、そこに参加者が様々な架空鉄道ネタ(「VRS」で言う所の「プレスリリース」のようなもの)を書き込んだり、「相互乗り入れ」やら「共同事業」の交渉やら、あるいは雑談のような雑多な書き込みがされる形態であった。

 2001年2月頃に開設され参加者は短期間に増えたが、他の架空鉄道コミュニティとは無縁の場所で形成されたため、架空鉄道コミュニティとしては特異な特徴をいくつか持っていた。

  • すべての架空鉄道が一つの世界上に存在する
    掲示板のルールとして決められていた訳ではなかったが、"参加しているすべての架空鉄道は同じ架空世界上に存在する"という暗黙の了解が存在した。
    ただし、あくまでも前提条件として明確に決められていたものではなかったため、その世界観、例えば実在する路線の取り扱い(例:実在する◯◯線を自分の架空鉄道に取り込んで良いかどうか)に関しては、各々が都合の良いように解釈していた。
    これは後に大きなトラブルの原因となる。
  • 通信環境・それぞれの架空鉄道サイトの有無
    元々が携帯電話向けサイトの外郭掲示板としての位置づけだったため、参加している架空鉄道は、当初ほとんどサイトを開設しておらず、また携帯電話からしかインターネットにアクセス出来ない参加者が少なからず存在した。
    当時架空鉄道コミュニティサイトとして最大規模だったVRSやそこに参加している架空鉄道と接点が無く、独自にコミュニティが形成されたのは、そうした特殊な環境が影響してのことであったと考えられる。
    なお、後に鉄携隊にて携帯電話でもサイトが作れる「魔法のiらんど」が使用されるようになったため、同じく「魔法のiらんど」を使用したサイト開設が普及した。
  • 架空鉄道共通カード
    全ての参加架空鉄道が同一世界にあるという条件のためか、かなり早い段階から各架空鉄道同士で共通カードの導入が進められた。
    日本架空鉄道協会でも共通カードは存在していたが、そちらでは各架空鉄道サイトから日本架空協会へのリンクバナーの意味合いしかなかったのに対して、「架空鉄道株式会社」掲示板の場合は、実在の「スルッとKANSAI」や「パスネット」と同じように、架空鉄道会社同士が(同一架空世界上で)同じカードで乗り降りできるというものであった。

 上記の架空鉄道共通カードに関しては、関西地区では掲示板開設当初から「スルッとKOBE」(架空鉄道サークルとしての側面もあったらしい)があり、それに対抗して、掲示板開設後しばらくして東日本地区では「フリーE」が設立された。
 しかし「フリーE」陣営は、北海道、埼玉、東京、静岡に1社づつとバラバラに存在していて架空鉄道だけではエリアが繋がらなかったため、JR北海道・東日本及び東海の一部をエリアに組み込むと言う方法で無理やりエリアを繋げたため、実在路線を含まない「スルッとKOBE」とは少々違った形態となっていた。

 早い段階で東西の架空鉄道共通カードが出揃ったこともあり、参加架空鉄道の東西各共通カードごとのグループ化(共通カード=ある種の架空鉄道連盟)が自動的に進んでいった。

 参加する架空鉄道が全て同一世界上に存在するという「暗黙の了解」はすでに述べたが、これに起因するトラブルは複数発生している。

 初期の段階で発生したトラブルとしては、先に参加していた新党さいたま氏の「埼玉急行電鉄」を横切る形で、後から参加した広幸氏の「武蔵野鉄道」が川越乗り入れを計画したことにより、「テリトリー侵害」として埼玉急行電鉄による、武蔵野鉄道川越乗り入れの妨害があり、この時は両者で話し合った結果、両鉄道が接続する中福駅から川越駅までは埼玉急行電鉄側での建設として、その代償として両社が相互直通運転するという形で決着している。

 最も大きなトラブルとしては、2001年6月に、「スルッとKOBE」陣営のある架空鉄道が新潟地区のJR線を買収して系列会社を作ろうとした際に、JR東日本線をエリアに取り込んでいた「フリーE」陣営が猛反発し、既存JR線に対する取り扱い基準を共通化するために、JR西日本を架空鉄道化していた「スルッとKOBE」陣営に対して、それを止めるよう要求したことが上げられる。
 「スルッとKOBE」陣営にとってはそのような要求は到底受け入れがたく(該当する架空鉄道が存在できなくなる)、コミュニティを2分する壮絶な闘いとなったが、話し合いの結果、「スルッとKOBE」陣営社による新潟地区のJR線を買収する計画を放棄し、その代わり「フリーE」陣営も西日本エリアには干渉しないと言うことで一応の決着を見た。

 しかし、上記の争いは東西陣営の関係を決定的に悪化させるきっかけとなった。

 その後もトラブルは多く、後から「フリーE」陣営に参加した者が関西地区に架空鉄道を作ろうとした際、「スルッとKOBE」側と揉めるなどの事件も発生している。

 掲示板は1年近く存続したが、終盤は相次ぐコミュニティ内トラブルの頻発に嫌気を指すものも現れ、2002年1月末に参加架空鉄道の大量脱退が発生し、コミュニティは崩壊した。

 コミュニティ崩壊後は、有志によって「PoTeTo?系架空鉄道公式HP」が開設されたため、それに参加した者もいれば、PoTeTo?系から離れて「鉄道架空板」などへ移った者もおり、その他、コミュニティ崩壊とともに行方不明になった者も存在した。

 ちなみに、「架空鉄道株式会社」掲示板がトラブルを多発させた挙句にコミュニティを崩壊させたことから、以後鉄携隊では架空鉄道を取り扱う掲示板をリンクしない方針をとった。
 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=linkipif&P=9

関連ページ

 鉄携隊
 http://www.venus.dti.ne.jp/~jn1veo/

 PoTeTo?系架空鉄道公式HP
 http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=kakutetsu

 ←←ええ架空鉄道。part 4 →→(スレッドのログ)
 http://katetsu.s306.xrea.com/1009371660.html
 ※809以降にコミュニティ崩壊時の様子をウォッチングしていた書き込みが見られる

関連項目


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-12 (火) 22:16:48 (2689d)